本文へスキップ

ファイナンシャルプランナーのすすめ、ファイナンシャルプランナーは資産管理のコーディネーターです。

ファイナンシャルプランナー 資格取得

ファイナンシャルプランナーの仕事/ファイナンシャルプランナーのすすめ

ファイナンシャルプランナーの仕事

FPとは、顧客の収入、資産、負債などの総合データを収集・分析し、弁護士、会計士などの専門家の協力を得ながら依頼者の財産計画を立案し、実行の手助けを行う専門家と定義されています。

財産計画の設計を間違えると、顧客の人生さえも大きく左右しかねません。

ですから、高い専門知識に加え、豊富な経験や強い倫理観が求められる職業となっています。

顧客にとって理想的なライフプランを実現されること、それがFPの大きな役割です。

しかしながら、顧客の願いは、それこそさまざまで十人十色、FPは、こうした顧客の希望を的確にとらえ、病気・事故・災害などのリスクを考慮しながら資金的な裏付けを確保し、効果的に運用する助言者です。

そこで、FPになるためには、金融商品、株式、不動産、税金、年金、ローンに関する幅広い知識が必要です。

また、経済全般にも明るく、金融界のトレンドや行政や商業にまつわる法律的な知識など、総合的な視点も持たなければなりません。

つまり、FPは、経済・金融・生活など資産形成にまつわるゼネラリスト的な面を多分に持っている仕事です。

各部門のスペシャリストではありませんので最終的な責任を受け持つ範囲は狭く、法律や税金にかかわることについては、専門家に任せなければなりませんが、いうなれば、FPは、個人資産を総合的に管理する、コーディネーター的な立場といえるのではないでしょうか。

FPには、企業に属して仕事をする人と、独立開業している人の2つのパターンがあります。

企業系のFPは、銀行や証券会社、各種の保険会社に所属している人がほとんどです。

また、独立開業しているFPは、税理士や会計士など他の資格を持って仕事をしているケースが多くみられます。





通信講座

 ファイナンシャルプランナー 通信講座   ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座

楽しく! 無理なく! 工夫がいっぱいのテキスト

重要なポイントが明確!

大きな文字で、試験に出やすい重要箇所がひとめでわかる

初心者でもOK!

グラフや表が豊富で、初めての方でも、頭の中がスッキリ整理!

 

ナビゲーション